葬儀社に依頼するか家族葬にするか~故人に尊敬を~

合掌

お葬式の話

数珠

そんなことを考えるには早すぎる、と多くの人に言われるであろう年齢なんですが、私はよく、自分があっちへ行くときのことを考えます。あっち、というのは、ここではない場所、誰もがみんな向かう場所――「あの世」とか、和風に言えば「彼岸」とか、そういうふうに呼ばれるところのことです。とはいっても別にネガティヴなことを考えてるわけでもなくて、私が死んだらこうして欲しいなあ、ということをぼんやり考える、といった程度のことです。葬儀というところには、これまでの長いようで短いような人生の中で何度か参列したことがあります。地域の斎場へ――クラスメイトの子が事故で亡くなったときにはクラス全員で行きましたし、祖父が亡くなったときは家族で行きました。葬儀という儀式はどれも、限りなく悲しい儀式でありながら、しかし、その調和――亡くなった人を悼むという一点に集中した調和には、美しいものがあります。いくつかの斎場でいくつかの葬儀を経験した今、どんなときも、「いいお葬式だったなあ」と思いながら帰途につきました。私が最近、注目しているのは《家族葬》というお葬式です。最近とみに目にするようになったこの家族葬ですが、それもそのはずで、現代的な事情がいくつかある中、それらの事情を考慮し、クリアしていった先にあったカタチである、ということです。

お葬式の前

鞄

葬儀を行なうには、故人が望んでいた式にしてあげることが大切です。そんな時には、葬儀社の協力が必要になってきますが、数多くある葬儀社を比較して評判が良い所を選びましょう。

View Detail

多様性の中から

フラワー

友人が居ない人だったり、静かに式を挙げたいと考えている人の中では、家族葬を行なうところが増えてきています。現代では、一般的な葬儀社に依頼して行なう葬儀と比べて、静かに取り行う家族葬を好む人が多くいるのです。

View Detail

家族で送り出す

線香

家族葬は葬儀社で行なう葬儀よりも比較的静かに執り行うことができるものです。また最近では、故人を送り出すことに集中したいと考えている遺族に家族葬は定着がある葬儀方法です。

View Detail